本文へスキップ
HOME 学校紹介 保護者の皆様へ 地域の皆様へ 進路関係 同窓会 リンク

発達障害について

発達障害とは
 
主な発達障害の定義
1 自閉症の定義 <Autistic Disorder>

(平成15年3月の「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」参考資料より作成)
 自閉症とは,3歳位までに現れ,@他人との社会的関係の形成の困難さ,A言葉の発達の遅れ,B興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害であり,中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

2 高機能自閉症の定義 <High-Functioning Autism>
(平成15年3月の「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」参考資料より抜粋)
 高機能自閉症とは,3歳くらいまでに現れ,@他人との社会的関係の形成の困難さ,A言葉の発達の遅れ,B興味や関心が狭く特定のものにこだわることを特徴とする行動の障害である自閉症のうち,知的発達の遅れを伴わないものをいう。
 また,中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。
※アスペルガー症候群とは,知的発達の遅れを伴わず,かつ,自閉症の特徴のうち言葉の発達の遅れを伴わないもので ある。なお,高機能自閉症やアスペルガー症候群は,広汎性発達障害に分類されるものである

3 学習障害(LD)の定義 <Learning Disabilities>
(平成11年7月の「学習障害児に対する指導について(報告)」より抜粋)
 学習障害とは,基本的には全般的な知的発達に遅れはないが,聞く,話す,読む,書く,計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を指すものである。
 学習障害は,その原因として,中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが,視覚障害,長学障害,知的障害,情緒障害などの障害や,環境的な要因が直接の原因となるものではない。

4 注意欠陥/多動性障害(ADHD)の定義 <Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder>
(平成15年3月の「今後の特別支援教育の在り方について(最終報告)」参考資料より抜粋)
 ADHDとは,年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力,及び/又は衝動性,多動性を特徴とする行動の障害で,社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
 また,7歳以前に現れ,その状態が継続し,中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。
                                                     (文部科学省「特別支援教育」より)

Q&A
 
Q1 気になる子がいます。特別な支援が必要だと思うのですが,どう進めたらよいですか?
A1 一つの例として以下の手順で進めてみてはいかがでしょう。


Q2 職場には,検査ができる職員がいません。検査を依頼することはできますか?
A2 保護者の同意が得られれば,お受けすることもできます。その後の支援をしっかりお願いしたいと思います。

Q3 「発達障害があります。」という診断は,誰が行うのですか?
A3 学習障害(LD)は,教育の分野から出てきた障害名です。判断は,専門家チーム(Q5へ)も行うことができます。注意欠陥多動性障害(ADHD)と自閉症は,医師が診断します。

Q4 「専門家チーム派遣」,「巡回相談」という言葉を聞きますが,どのような手続きできてもらえるのですか?
A4 気仙沼支援学校の地域支援担当は,「県専門家チーム巡回相談員」をかねています。まずは,気仙沼支援学校にご連絡ください。巡回相談後必要があれば,県専門家チームにつなげます。

Q5 「特別支援教育」,「発達障害」について,校内(園内・所内)研修を行いたいのですが,どうすればよいですか?
A5 気仙沼支援学校にご相談ください。

Q6 保護者が病院を受診したいと話しています。発達障害を診察してくれる宮城県内の病院を紹介してください。
A6 宮城県発達障害者支援センター「えくぼ」では,発達障害を診察する病院の情報を公開しています。

Q7 何らかの障害があると思うのですが,保護者が認めようとしません。どうしたらいいですか?
A7 全体的な発達の遅れが無い場合,保護者の受容は遅れがちです。知的な遅れが無いだけに「しゃべるのは大人並みにできるのだから」,「元気なだけ」,「大きくなれば落ち着くはず」と,言い聞かせているのかもしれません。また,おしゅうとさんやおしゅうとめさんに遠慮して言い出せなかったり,「うちの家系には,そんな子はいなかった」と言われてつらい思いをしているのかもしれません。まずは,普段から信頼関係を作り,お子さんのことについて伝えられる関係になっておきましょう。個々のケースについては,ご相談ください。

Q8 最近になって,教師や支援員に暴言を吐いたり,友達に乱暴したりすることが増えてきました。どうしたらいいですか?
A8 暴言や暴力は,注意や叱責で止めようとする場合が多いと思います。それで効果が無い場合は,別の手を考えましょう。乱暴な言葉や行動だけにとらわれず,その子が何を表現したいか考えて見ましょう。「ABA(応用行動分析)」,「ペアレント・トレーニング」,「親業」などの検索ワードで調べてみてください。最近は,イラストが豊富な書籍も多数出ています。

チェックリスト
 
下記のexcelファイルは幼児用,児童生徒用の発達障害チェックリストとなっております。ご活用ください。
○幼児用チェックリスト
○特別な教育的支援を必要とする児童生徒のチェックリスト