本文へスキップ
HOME 学校紹介 保護者の皆様へ 地域の皆様へ 進路関係 同窓会 リンク

平成27年度給食

お祝い献立
 
    
3月は「ひな祭り献立」,「卒業・進級お祝い献立」の行事食を実施しました。
○3月2日 「ひなまつり献立」
ちらし寿司・牛乳・ミックスフライ・雪菜のおかかあえ・なめこ汁・プリンアラモード
桃の節句のお祝いということで,ちらし寿司をはじめ,見た目も春らしい色取りの給食になりました。デザートのプリンアラモードは,生クリームと果物でひし餅の白・赤・緑と同じ色をそろえました。白は残雪,赤は桃の花,緑は芽吹き始める草木を表すそうです。卒業生からのリクエストを取り入れたえびフライもちょっと豪華な雰囲気を出していたようです。

○3月9日「卒業・進級お祝い献立」
ごはん・牛乳・さわらの西京焼き・筑前煮・紅白はんぺんのすまし汁・お祝いケーキ
卒業生にとっては最後の給食となりました。ささやかですが,門出をお祝いし,また,これからの生活が明るいものでありますようにと願いを込め,おめでたい食べ物を取り入れました。主菜は魚へんに春と書く「鰆」,煮物には,見通しがよいという意味で使われる「れんこん」が入っています。また,すまし汁にはお祝いの色,紅白のはんぺんを浮かべました。デザートのケーキは市販のものですが,春らしい色取りのものを選びました。
子どもたちはいつも以上に楽しく味わって食べていたようです。
 
食育の日(2月)
 

 2月19日の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立 セルフハンバーガー(切り目入りパン,チーズ入りミートローフ,ボイルキャベツ),牛乳,ミネストローネ,ヨーグルトゼリー
本校では毎月「食育の日給食」を実施しています。2月は19日(金)に“牛乳を飲もう”というテーマで実施しました。
毎日給食に出ている牛乳の他に牛乳から作られるチーズやヨーグルトを取り入れた献立を実施しました。
毎日の給食に牛乳がついているのは,主にカルシウムの補給のためです。日本スポーツ振興センターが実施した「児童生徒の食事状況調査」の結果から家庭においてカルシウムの摂取が不足している実態をふまえ,学校給食では食事摂取基準(一日)の目標量の50%が基準値となっています。この量を満たす給食を実施するためには毎日の牛乳は欠かすことのできない食品です。
高等部では給食時間に,カルシウムが骨を丈夫にすることを骨の模型で説明したり,他の飲み物と牛乳のカルシウム量の比較などを行ったりして,牛乳やその他のカルシウムの多い食品を食べる大切さについて考えてもらいました。
生徒は特に,牛乳のカルシウム量の多さにとても驚いていたようでした。
「児童生徒の食事状況調査」では,給食のない日はカルシウム不足が顕著であるということも指摘しています。ご家庭でも,牛乳や乳製品,小魚,海草類,種実類,大豆・大豆製品などでカルシウムを積極的に摂取していただきたいと思います。
 
全国学校給食週間
 
      

              
1月24日〜30日は「全国学校給食週間」です。「全国学校給食週間」は,学校給食の意義や役割などについて理解と関心を深め,学校給食の一層の充実発展を図ることを目的として定められています。
給食週間にちなみ,1月18日〜22日まで“学校給食週間献立”を実施しました。気仙沼,南三陸,宮城県の地元食材を使った献立や郷土料理などを実施しました。
○献立
18日(月)ごはん,牛乳,笹かまぼこの二色揚げ,すき昆布の煮物,白菜の味噌汁,パインゼリー
19日(火)米粉フォカッチャ,牛乳,大豆入りドライカレー,ひじきサラダ,ふかひれスープ,みかん
20日(水)ごはん,牛乳,さんまのかば焼き,つぼみなとわかめのおひたし,おくずかけ
21日(木)油麩丼,牛乳,豚しゃぶサラダ,なめこ汁,気仙沼産いちご
22日(金)ごはん,牛乳,まぐろのごまがらめ,ひじきの煮物,かにばっとう
 
食育の日(12月)
 

12月21日の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立 ごはん,鮭ふりかけ,牛乳,かぼちゃのいとこ煮,豆乳鍋,みかん 

本校では毎月「食育の日給食」を実施しています。12月は “かぜを予防する食べ物”というテーマで22日の「冬至」を意識した献立を実施しました。
「冬至」にかぼちゃを食べると厄除けや病気予防に効果があると伝えられています。本校では冬至献立に“かぼちゃのいとこ煮”を毎年提供しています。また,冬野菜がたくさん入った“豆乳鍋”,ビタミンCやカロチンの豊富な“みかん”など,かぜ予防に効果のある栄養が豊富な食材を味わってもらいました。 冬休みにはご家庭でも鍋物やみかん等の果物を食べながら家族団らんを楽しんでいただきたいと思います。 
 
クリスマス
 

12月18日の給食は,「クリスマスメニュー」として実施しました。
○献立 えびピラフ,牛乳,ハニーマスタードチキン,フライドポテト,卵とチーズのスープ,クリスマスカップケーキ

クリスマスには豪華なお料理やケーキなどで楽しむご家庭もあると思います。給食でも限られた予算の中で,ささやかですがクリスマスメニューを実施しました。ピラフはバターを炊き込んで硬めに炊いたご飯がピラフら しい出来上がりで食べてもらうことができました。スープは“卵とチーズのスープ”で,子どもたちにも好まれているようです。レシピを12月の給食だより掲載していますのでぜひお試し下さい。主菜は,はちみつとマスタードで風味をつけた“ハニーマスタードチキン”でしたが,どんな味付けでもお肉料理は好まれるようで,残食はほとんどありませんでした。
ここ数年,クリスマスの給食では市販のケーキを提供していましたが,今年は手作りのケーキを味わってもらいました。市販のケーキのようなふわふわな食感ではありませんが,手作りの暖かさを感じてもらえたのではないかと思います。
 
食育の日(11月)
 

11月19日の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立 ごはん,牛乳,鮭の塩焼き,筑前煮,さめだんごのすまし汁,抹茶プリン

本校では毎月「食育の日給食」を実施しています。11月は “和食を味わおう”というテーマで実施しました。
一般社団法人和食文化国民会議が11月24日を「和食の日」と制定し,今年度は学校給食にも「だしを感じられる和食の日」の実施を呼びかけていることから,本校でも全校がそろって給食を食べられる19日に和食の給食を実施しました。おかずは「鮭の塩焼き」に「筑前煮」と和食の定番を取り入れました。汁物は,だしの香りや風味を感じることができるすまし汁に,気仙沼産のさめの身が入ったサメ団子を入れました。デザートは5月に取り入れた際に高等部の生徒から「また出してほしい」とリクエストのあった「抹茶プリン」を取り入れました。
和食は栄養的に優れているだけでなく,行事や季節を感じられることも特徴としてあげることができます。学校給食を通して季節や行事を伝えていけるような給食づくりを心がけていきたいと思います。
 
学校祭メニュー
 
11月4〜6日は,「学校祭メニュー」として学校祭で発表した各学部の演技にちなんだ献立を取り入れました。
○小学部・・・「ぼくら のねずみーぐりとぐらとぐるとぐれとぐろー」にちなみ“ぐりとぐらのケーキ”
○中学部・・・「HEROES〜鬼ヶ大島の戦い〜」の桃太郎にちなみ“桃太郎のももゼリー”
○高等部・・・「祭 de KO-TO-BU in Kesennuma」のお祭りにちなみ,“ソースやきそば”と“お祭りのチョコバナナ”
総練習の日から三日間実施したので,他の学部にちなんだ献立も,お友達や先生方と楽しく食べていたようです。

とても素朴な味の“ぐりとぐらのケーキ”

赤ワインを入れてほんのり桃色の“桃太郎のももゼリー”

子どもたちに大人気だった“お祭りのチョコバナナ”
 
食育の日(10月)
 
10月29日の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立
ごはん,牛乳,さんまの塩焼き,筑前煮,小松菜の味噌汁,みかん

本校では毎月「食育の日給食」を実施しています。10月は “魚を上手に食べよう”というテーマで実施しました。職員室前の掲示板に写真でさんまの食べ方を紹介し,高等部では魚の教材を使用して,食べ方を紹介しました。実際にやってみた生徒からは「初めて上手くできました」「難しいので家でも練習します」「骨がきれいにとれて気持ちがいいです」「また来月もさんまを出して下さい」という声が聞かれました。 もう少しさんまの水揚げ時期が続きます。ご家庭でもぜひ「上手な食べ方」に挑戦してみて下さい。
@魚の全体をお箸で押します(骨が離れやすくなります)

Aさんまの色の境目のところ(中骨のところ)に頭からしっぽまでお箸を入れていきます。

Bお箸を上手く使って中骨から上の身を外します。

C中骨から下の身を外します。腹骨も取り除きます。

Dさんまはひっくり返したりせずに,中骨をとります。

E骨はお皿の端に置きます。残った身を食べます。

 
ハロウィン
 
      
10月24日の給食は,近年日本でも盛り上がっているハロウィンにちなみ,デザートに手作りの「かぼちゃケーキ」を取り入れました。生地にかぼちゃを練り込んだカップケーキに,チョコレートでハロウィンのお化けをデコレーションしました。子どもたちも楽しんで食べていたようです。
 
お月見献立
 

9月24日の給食は「お月見献立」として実施しました。
○献立
栗ごはん,牛乳,さんまの塩焼き,かぼちゃの甘煮,気仙沼茶豆,だんご汁

9月27日の十五夜にちなみ,「お月見献立」を実施しました。
気仙沼に水揚げされたさんまをはじめ,気仙沼茶豆や栗など秋の味覚を楽しんでもらいました。さんまは残食も少なく,児童生徒も食べ慣れているようでした。今年は水揚げ量が少ないということですが,給食でも11月くらいまでいろいろな味付けで食べてもらう予定です。
 
食育の日(9月)
 

9月15日の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立
麦ごはん,牛乳,凍り豆腐の唐揚げ,小松菜とわかめのおかかあえ,さんまのつめりっこ汁,トマトゼリー 

本校では毎月「食育の日給食」を実施しています。9月は “まごは(わ)やさしい(長寿食)を食べよう”というテーマで実施しました。
“まごわやさしい”とは,健康な食生活に役立つ和食の食材の最初の文字を覚えやすく言いあらわしたものです。ご家庭でも普段の食事に“まごわやさしい”食材を意識的に取り入れてみましょう。
 ま・・・豆,大豆製品など(植物性の大豆は食物繊維が豊富で生活習慣病予防に効果的です)
 ご・・・ごま,くるみなど(老化防止に効果のある抗酸化ビタミンを含みます)
 わ・・・わかめ等の海藻(カルシウムなどのミネラルを多く含みます)
 や・・・野菜(皮膚や粘膜を強くし,抵抗力を維持します。緑黄色野菜,淡色野菜などたくさんの種類を食べると良いです)
 さ・・・魚(小魚や青魚がおすすめです。週に最低3回,できれば5回〜7回魚を取り入れましょう)
 し・・・しいたけ等のきのこ類(低カロリーで食物繊維が豊富です)
 い・・・いも類(ビタミンCや食物繊維が豊富です。いろいろな種類の芋を食べると良いです)
 
食育の日(7月)
 

7月16日の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立
夏野菜カレーライス・牛乳・コーンサラダ・小玉すいか

毎月19日は「食育の日」です。7月は一学期の給食最終日の16日に“夏野菜をたべよう”というテーマで「食育の日給食」を実施しました。夏休みも元気に過ごしてほしいという願いを込めて,夏の疲れをとってくれる今が旬の夏野菜をたくさん取り入れました。カレーライスには,定番の玉ねぎ・人参・じゃがいもの他に,トマト・かぼちゃ・なす・ピーマン・ズッキーニが入っています。サラダには,とうもろこしときゅうりが入っています。果物はすいかで,たくさんの夏野菜を味わってもらうことができました。 また,カレーには人参を星形に型抜きして入れました。子どもたちは星形人参を探しながら,一学期最後の給食を楽しんでいたようです。
 
七夕献立
 

7月7日の給食は「七夕献立」ということで実施しました。
○献立
 ひじきご飯・牛乳・ポテトコロッケ・豚しゃぶサラダ・七夕そうめん汁・はちみつレモンゼリー

七夕の行事にちなんで星の形の食べ物をたくさん取り入れ,目でも楽しんでもらえる献立にしました。ポテトコロッケは星形につくられている加工品を利用しました。そうめん汁は,星形の麩・おくら・白石うーめんで天の川をイメージしています。はちみつレモンゼリーには星形のナタデココを浮かべました。各学部での七夕の集会等の学習もあり,七夕の行事を感じられる一日になったようです。
 
食育の日(6月)
 

6月4日(木)の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立
 麦ごはん・牛乳・かつおのオーロラソース・キャベツのおかかあえ・かにばっとう・メロン

毎月19日は「食育の日」です。本校では毎月テーマを決めて「食育の日給食」として実施しています。
6月19日は,高等部の現場実習期間中のため,今月は4日(木)に実施しました。今月は“地元食材をたべよう”をテーマに献立計画をしました。
 ○麦ごはん・・・県内産の麦を炊き込みました。
 ○かつおのオーロラソース・・・気仙沼に水揚げされたかつおを使用しています。
 ○キャベツのおかかあえ・・・気仙沼産のキャベツを使用しています。
 ○かにばっとう・・・気仙沼の郷土料理です。
また,歯の衛生週間にちなみ,噛む回数の多い献立にもなっています。
かつおのオーロラソースは,小学部の児童にも大変好評だったようです。かつおが水揚げされている期間にまた取り入れたいと思います。 
 
食育の日(5月)
 

5月19日の給食は「食育の日給食」として実施しました。
○献立
 たけのこご飯・牛乳・かつおの南蛮漬け・キャベツのおかかあえ・春野菜のみそ汁・抹茶プリン

毎月19日は「食育の日」です。給食では毎月テーマを決めて献立計画をしています。5月は“春を味わおう”です。春においしい筍・キャベツ・かぶ・新玉ねぎ・新じゃがいも・さやえんどう等の春野菜をたくさん取り入れました。また,最近気仙沼にも今年初めて水揚げされたかつおは,運動会練習の疲れをとってもらえるように,酸味のきいた味付けにしました。デザートは新茶の季節ということで抹茶プリンです。春の味をたくさん味わってもらうことができました。
 
こどもの日
 

5月1日の給食は「こどもの日献立」ということで実施しました。
○献立
 鯛飯(たいめし)・牛乳・鶏肉の照り焼き・ほうれんそうのごまあえ・若竹汁・豆腐マフィン 

こどもの日のお祝いということで,おめでたいときに食べられる「鯛」をごはんに炊き込んで「鯛飯」で食べてもらいました。また,心も体も筍のように,すくすく成長するようにという願いを込めて,若竹汁を取り入れました。デザートは給食室で手作りした豆腐マフィンです。豆腐マフィンは好評だったので,レシピを6月の給食便りに掲載する予定です。ぜひお試し下さい。
 
入学・進級お祝い

4月17日の給食は「入学・進級お祝い献立」ということで実施しました。
○献立
 お赤飯・牛乳・鰆の西京焼き・菜の花和え・春雨のすまし汁・いちごのカップケーキ

さくら色のお赤飯,主菜は鰆(さわら)の西京味噌焼き,副菜は菜の花の仲間の野菜・つぼみ菜を使った菜の花和え等,春が旬の食材をたくさん使用しました。デザートは給食室で手作りしたいちごのカップケーキで,色取りも春らしい給食になりました。